住民票の謄・抄本が必要なとき

 住民謄本・抄本の発行は、市民課戸籍保険グループで行っています。遠隔地からの電話・電子メールでの請求はできませんが、郵便による請求ができます。
住所が市外にある方でも、本人であることが窓口で確認できれば、請求することができます。
 

窓口での請求

1. 請求者の本人確認

本人確認の方法

 運転免許証、パスポート、個人番号カード、顔写真付き住民基本台帳カード、官公署が発行した顔写真付きの身分証明書のいずれか1点で確認させていただきます。
 これらの証明がない場合は、次の1~6のいずれか2点で確認させていただきます。
  1. 国民健康保険等の被保険者証(もしくは介護保険証)
  2. 年金手帳(もしくは年金・恩給の証書)
  3. 顔写真なしの住民基本台帳カード
  4. 印鑑証明書
  5. 官公署が発行した顔写真なしの身分証明書
  6. 学生証、法人が発行した身分証明書
 これらもない場合は、次の1~3のいずれか2点に合わせて、個人と特定できる質問(生年月日、父母等の氏名その他)により確認させていただきます。
  1. 預金通帳
  2. クレジットカード
  3. 郵便物
※確認書類の写しは、交付請求書と共に保管することが義務づけられていますので、コピーを取らせていただきます。
※本人を確認できる証明書をお持ちでない場合は、交付できません。皆さんの個人情報を守るためですので、ご理解ください。
※代理の方が請求される場合は、委任状が必要となります。

2. 戸籍・住民票等交付申請

 戸籍・住民票等交付申請書を窓口に備え付けていますので、必要事項を記入のうえ、提出してください。

3. 手数料

住民票謄・抄本 1通 300円
 

郵便による請求

1. 郵便による請求は、次の(ア)から(ク)までを明記した請求書類(用紙は自由、便せんなどをご利用ください)が必要です。

(ア) 請求する人の住所
(イ) 請求する人の氏名と押印
(ウ) 必要な謄・抄本の別(抄本の場合は必要な人の氏名も明記)
※謄本は「その住民票の世帯に登録されている人全部」を、抄本は「その住民票の世帯の中の必要とする人だけ」を写したものです。
(エ) 本籍・続柄の記載有無
(オ) 必要とする数
(カ) 必要な住民票と請求者との関係(本人・夫・妻・子・孫・父母・祖父母等を明記)
※請求できる人は、原則として本人または同一世帯者に限ります。
(キ) 返送先
※本人確認書類(身分証明書)の住所にのみ返送します。
(ク) 日中連絡のつく連絡先の電話番号(不明な点などがある場合、お問い合わせします)
(ケ) 請求者の本人確認書類
不正な請求や不当な目的に使用されることを防止するため、運転免許証、個人番号カード、顔写真付き住民基本台帳カード、保険証等のコピーが必要です。身分証明書を同封されていない場合は、交付できません。皆さんの個人情報を守るためですので、ご理解ください。
(コ) 切手を貼って宛名を書いた返信用封筒
請求する通数が多い場合、また速達や書留希望の方はその分の切手も追加してください。
※代理の方が請求される場合は、委任状が必要となります。
☆郵送用戸籍住民票請求用紙(PDF:77KB)
☆委任状(PDF:19KB)
☆代筆用委任状(PDF:35KB)

2. 手数料

 定額小為替か現金書留で手数料を同封してください。切手・印紙などは手数料としてお受けできません。

手数料

住民票謄・抄本 1通 300円

歌志内市に請求する場合の宛先

郵便番号 073-0492
歌志内市字本町5番地
歌志内市役所市民課戸籍保険グループ

問い合わせ先

市民課戸籍保険グループ
電話:0125-42-3217