骨折に対する応急処置

1. 骨折部位の確認

痛いところを聞きます。
可能であれば痛がっているところに変形や出血がないか確認します。
 
ポイント
●骨折部位を確認する時は、痛がっているところを動かさない。
●骨折の疑いがある時は、骨折しているものとして手当てする。
 

2. 固定

協力者がいれば骨折しているところを支えてもらいます。
傷病者が支えることができれば、自ら支えてもらいます。
副子をあてます。
骨折部を三角巾などで固定します。
 
ポイント
●固定に使用するものは骨折部の上下の関節が固定できるものを準備する。 
腕の固定
腕の固定
 三角巾などで腕をつる
三角巾などで腕をつる
●身近にあるものを利用する。
雑誌を利用した前腕部の固定
雑誌を利用した前腕部の固定
 ダンボールを使用した下肢の固定
ダンボールを使用した下肢の固定

問い合わせ先

消防本部
電話:0125-42-3255