突然の地震。こんな場所にいたときはどうする?

「グラッ」と揺れを感じたら、どんなときでも冷静に、落ち着いて行動することが大切です。
また、ラジオなどで正確な情報を把握しましょう。
 

家の中にいるとき

家の中にいるとき
  • 頑丈な机やテーブルの下にもぐる。
  • 火が消せるならすぐに消す、元栓を閉める。
  • ドアや窓を開けて出口を確保する。
 

デパート、スーパーにいるとき

デパート、スーパーにいるとき
  • 慌てず、むやみに動かず係員の指示に従う。
  • 出口に殺到しない。
  • 陳列物の落下、陳列棚の倒壊に注意する。
  • エレベーターに乗っているときは階数のボタンを全て押し、止まった階で降りる。また、使用しない。
 

市街にいるとき

市街にいるとき
  • ガラスや看板などの落下に注意する。
  • バッグや手荷物、服で頭を保護する。
  • 塀や自動販売機が倒れてくることがあるため、公園などの広い場所に避難する。
 

地下にいるとき

地下にいるとき
  • 大きな柱か壁に身を寄せ、むやみに動かない。
  • 他の人のパニックに巻き込まれず、冷静に。
 

電車やバスなどに乗っているとき

電車やバスなどに乗っているとき
  • つり革、手すりにしっかりつかまり、急停車に備える。
  • 停車後は乗務員の指示に従う。
 

車の運転中は

車の運転中は
  • 徐々に速度を落とし道路の端に寄せて停車し、車の外に避難する。
  • 車での移動は避ける。
 

海や山にいるときは

海や山にいるときは
  • 津波の危険があるので、海岸付近で揺れを感じたらすぐに高台に避難する。
  • 津波は繰り返し押し寄せてくる可能性があるので、避難したら戻らないこと。
  • 山の中では、ガケ崩れや土石流に警戒する。

問い合わせ先

消防本部
電話:0125-42-3255