地震から身を守る10か条

 地震はいつ、どこで起こるか分かりません。いざというときに速やかに行動できるよう、日々何をすべきかを心得ることがたいせつです。
 
  1. まず、自分の体を守ろう
  2. すばやく火の始末をしよう
  3. 非常脱出口を確認しよう
  4. 火が出たらまず消火をしよう
  5. 外へ逃げるときはあわてないようにしよう
  6. せまい道、壁の近く、ガケや川には近づかないようにしよう
  7. 山くずれ、ガケくずれに注意しよう
  8. 避難は徒歩で、荷物は最低限にしよう
  9. みんなで協力して救護しよう
  10. 正しい情報を聞き、余震を恐れないようにしよう
 

まず、自分の体を守ろう

まず、自分の体を守ろう
  • テーブルの下に隠れて安全を!
  • 家具類の転倒防止など日ごろから備えておこう!
 

すばやく火の始末をしよう

すばやく火の始末をしよう
  • 落ち着いて火を消して火災の防止を!
  • 「火を消せ!」と大声で叫ぶこともたいせつ!
 

非常脱出口を確認しよう

非常脱出口を確認しよう
  • 家やビルがゆがんでドアが開かなくなると危険!
  • ベランダなどからの非常脱出を考えておこう!
 

火が出たらまず消火をしよう

火が出たらまず消火をしよう
  • みんなで協力して火災が大きくならないように!
  • もし火災になっても、天井に燃え移る前なら消火は可能です!
 

外へ逃げるときはあわてないようにしよう

外へ出るときはあわてないようにしよう
  • 外へ逃げるときは落ちてくる物に気をつけて!
 

せまい道、壁の近く、ガケや川には近づかないようにしよう

せまい道、壁の近く、ガケや川には近づかないようにしよう
  • ブロックの塀やガケが崩れることに注意を!
 

山くずれ、ガケくずれに注意しよう

山くずれ、ガケくずれに注意しよう
  • 危険な場所ではすぐに避難を!
 

避難は徒歩で、荷物は最低限にしよう

非難は徒歩で、荷物は最低限にしよう
  • 車の使用はだめ、道路は消防車などを優先しよう!
 

みんなで協力して救護しよう

みんなで協力して救護しよう
  • けが人や病人の救護はすみやかに!
 

正しい情報を聞き、余震を恐れないようにしよう

正しい情報を聞き、余震を恐れないようにしよう
  • 正確な情報を落ち着いて行動しよう!
  • うわさやデマにまどわされずに、テレビやラジオ、防災機関の災害情報に絶えず注意しよう!

問い合わせ先

消防本部
電話:0125-42-3255