70歳未満の被保険者に係る高額療養費の見直しについて

  高額療養費制度は、家計に対する医療費の自己負担が過重なものとならないよう、医療費の自己負担に一定の歯止めを設ける仕組みです。

今般、負担能力に応じた負担とする観点から、70歳未満の被保険者を対象に所得区分を細分化し、自己負担限度額をきめ細かく設定することとなりました。

見直しは、平成27年1月診療分からが対象で具体的には下表のとおりですが、今までは所得等に応じて3区分に分かれていましたが、これからは5区分に分かれます。

同制度の適用を受けるには、「限度額適用・標準負担額減額認定証」もしくは「限度額適用認定証」(以下、「限度額認定証」という。)を医療機関の窓口に提示することが必要ですが、発行手続き等詳細につきましては各健康保険の担当窓口にご照会ください。

国民健康保険に加入されている方について、すでに限度額認定証をお持ちの場合、有効期限が平成261231日までとなっておりますので、12月中~下旬までに特に手続き等必要なく、平成27年1月から有効の新たな区分を記載した限度額認定証をお送りいたします。



問い合わせ先

市民課戸籍保険グループ
電話:0125-42-3217