定住自立圏構想

定住自立圏構想とは

 人口減少や少子高齢化、都市部への人口流出により、それぞれの市町が十分な生活機能の確保、地域住民の利便性向上などを行っていくことが困難となっている中、人々が地方に定住するための新たな取組が「定住自立圏構想」です。
 これからはすべての市町にフルセット(完全なひとそろい)の都市機能を整備することは困難であり、市町の枠を越えた広域的な取組や、行政と民間の連携・役割分担を通じて、圏域全体の活性化を図ることを目的としています。
 中空知圏域では、日常生活において通勤・通学や通院、買い物など市町を越えた往来をしながら生活が行われ、圏域の市町は密接に関わっています。圏域の市町がお互いに補完しあいながら、圏域として住みよい地域づくりを進めるものです。



中空知定住自立圏共生ビジョン懇談会

 中心市が「中空知定住自立圏共生ビジョン懇談会を開催し、圏域住民の意見を反映させながら、協定を締結した連携市町と協議の上、「定住自立圏共生ビジョン」を策定し、圏域の将来像や具体的な取り組み内容などを決めていきます。 
平成26年度第1回中空知定住自立圏共生ビジョン懇談会が開催されました。(8月4日)
平成26年度第2回中空知定住自立圏共生ビジョン懇談会が開催されました。(9月2日)
平成26年度第3回中空知定住自立圏共生ビジョン懇談会が開催されました。(10月28日)
平成27年度第1回中空知定住自立圏共生ビジョン懇談会が開催されました。(8月28日)
平成27年度第2回中空知定住自立圏共生ビジョン懇談会が開催されました。(11月16日)

中空知定住自立圏共生ビジョン

 圏域内の民間や地域の関係者で構成する「中空知定住自立圏共生ビジョン懇談会」における協議やパブリクックコメントによる意見公募、構成市町長による承認を経て、平成26年11月20日に「中空知定住自立圏共生ビジョン」が策定されました。

 中空知定住自立圏共生ビジョン(PDF:1,749KB)
◆平成27年11月変更 
 中空知定住自立圏共生ビジョン(PDF:1,152KB)

今後の取り組み

 定住自立圏を形成するためには、国の「定住自立圏構想推進要綱」に基づき、手続きを行っていくことになります。
中心市が策定した「定住自立圏共生ビジョン」に基づき、中心市及び連携市町が役割分担をした上で、具体的な取り組みを展開していきます。
※ 「定住自立圏共生ビジョン」は、取り組みの成果等を勘案しながら、毎年見直していきます。


詳しくは、滝川市ホームページをご覧下さい。

問い合わせ先

企画財政課企画広報グループ
電話:0125-42-3214