平成27年度 市内の防災行事

歌神町内会災害図上訓練[8月31日]

 平成27年8月31日、歌神地区集会所にて、市と歌神町内会の共催による図上訓練を行いました。
 この訓練は、参加者が、地域の地図に危険な場所や避難経路などを書き込み、災害対応の知識を身に付けてもらうための訓練です。
 参加した町内会員17人は、自宅付近の様子などを話し合いながら、土砂崩れの危険や雨水のたまりやすい場所にしるしを付け、熱心に災害対策の必要性を学んでいました。


 

消防本部非常招集訓練と連携した避難訓練[9月1日]

 平成27年9月1日、消防署と消防団による合同非常招集訓練と連携し、市と上歌新栄町自治会が、地域住民対象の避難訓練を行いました。
 訓練は、上歌地区で土砂災害の予兆が発生したことを想定して行われ、参加した住民20人が、最寄りの指定緊急避難場所に避難した後、消防車両で指定避難所へ向かいました。
 また、指定避難所では、市防災担当者が土砂災害に関する講話を行い、参加者は熱心に耳を傾けていました。


避難者名簿に記入する参加者


消防車両による避難所への搬送訓練
 

本町第2町内会災害図上訓練[9月25日]

 平成27年9月25日、本町第2町内会館を会場に、市と本町第2町内会の共催による図上訓練を行いました。
 同地区では、前年7月の局地的大雨により、道路の冠水や床下浸水被害が発生しており、参加した町内会員12人は、当時の状況を思い出しながら、浸水被害の起きやすい場所などを地図に書き込み、避難対策などを話し合っていました。