「観光フォトコンテスト・うたしない2016」入選作品決定

 今年で2回目の開催となる「観光フォトコンテスト・うたしない2016」にすばらしい作品の応募が多数ありました。北海道写真協会写真道展審査会員 上田 正洋氏(歌志内市出身)による審査の結果、12作品が入選として選考されました。
 なお入選作品は、観光カレンダーに利用するなど、市のPRに活用します。

 

入賞者一覧(※写真をクリックすると拡大)


桜木 美帆さん 題名「朝焼けに染まる街」
関根 一博さん 題名「世継ぎの木」
金井塚昭夫さん 題名「炭鉱時代の映画館」
岩渕  靖さん  題名「山頂のキツネ」
金井塚昭夫さん 題名「桜と炭鉱遺産」
桜木 美帆さん 題名「新緑に包まれて」
関根  一博さん 題名「子供石炭みこし」
高橋 一正さん 題名「緑のみち」
岡山紗斗留さん 題名「朝日と雲海」
関根 一博さん  題名「こもれびの杜記念館」
金井塚昭夫さん  題名「我が町の雲海」
西  良郎さん  題名「シーズン到来」
 

上田正洋審査員総評

 昨年から始まった「観光フォトコンテスト・うたしない」。応募者数は若干減少したものの、応募総数は横ばいの状況でした。
 桜木美帆さんの「朝焼けに染まる街」は、町全体が赤色に染まる絶好のチャンスをものにした秀作です。桜木さんの「やったぁ…」と微笑む様子がうかがえます。
 高橋一正さんの「緑のみち」は、人々の生活のなかで、写真を楽しんでいる。家族とワンちゃん(犬)のコミュニケーションこそが撮影に必要なテクニックなんだと教えられました。
 金井塚昭夫さんの「桜と炭鉱遺産」は、時代とともに消える運命にある立坑を桜が引き立てています。炭鉱時代をいつまでも見守りたい気持ちが伝わってきます。
 関根一博さんの「世継ぎの木」は、樹齢400年以上の巨木とスキーヤーを撮り入れたことでより一層、巨木の存在が強調されています。
 近年、デジタルカメラの普及は日々進歩し、失敗のない写真撮影が可能になりました。一億総カメラマンの時代、次回はひとりでも多くの方々の応募に期待します。

審査員 北海道写真協会審査会員 上田 正洋
 

問い合わせ先

産業課ふるさと振興グループ
電話:0125-42-3215