心肺蘇生法の手順

「あ!!人が倒れているっ!!」
 

1. 反応を確認する

反応を確認する傷病者に近づき、「大丈夫ですか?」などの声をかけながら、傷病者の肩を軽くたたき、反応があるかないかを見ます。

ポイント
●呼びかけなどに対して目を開けるか、なんらかの返答が無ければ「反応なし」と判断します。
●交通事故などで、頭や首にケガがある場合やその疑いがあるときは、無理に体を揺すったり首を動かしてはいけません。
 

2. 助けを呼ぶ

助けを呼ぶ反応がなければ大きな声で「だれか来てください!」と助けを呼びます。
協力者が来たら「あなたは119番へ通報してください」「あなたはAED(自動体外式除細動器)を持って来てください」と要請します。
 
ポイント
●協力者がいない時は、まず自分で119番通報を行います。
 

3. 気道の確保(空気が鼻や口から肺に達するまでの通路を開く)

気道の確保
頭部後屈あご先挙上法
(とうぶこうくつあごさききょじょうほう)
片手を額にあて、もう一方の手の指2本をあご先(骨のあるかたい部分)にあて、頭を後ろにのけぞらせ(頭部後屈)、あご先を上げます(あご先挙上)。
 
ポイント
●指であごの柔らかい部分を圧迫しない。
●頭を無理に後ろに反らせない。
 

4. 呼吸を調べる

呼吸を調べる
「見て」「聞いて」「感じて」
気道確保した状態で、自分の顔を傷病者の胸が見えるように向け、ふだんどおりの息をしているか調べます。
10秒以内で1.胸や腹部の上がり下がりを見る。2.息の音を聞く。3.ほおで息を感じる。
 
ポイント
●次のいずれかの場合には「ふだんどおりの息はなし」と判断します。
  1. 胸や腹部の動きが無く、呼吸も聞こえず、吐く息も感じられない場合。
  2. 約10秒確認しても呼吸の状態がよく分からない場合。
  3. しゃくりあげるような、途切れ途切れに起きる呼吸がみられる場合。
 
心停止が起こった直後には、しゃくりあげるような、途切れ途切れに起きる呼吸がみられることがあります。この呼吸を「死戦期(しせんき)呼吸(あえぎ呼吸)」といいます。「死戦期呼吸」は、「ふだんどおりの息」ではありません。
 

5. 人工呼吸(口対口人工呼吸により、肺に空気を送り込む)

人工呼吸
胸が持ち上がるのを確認する
呼吸がなければ人工呼吸を開始します。
気道を確保したまま、額にあてた手の親指と人差指で傷病者の鼻をつまみます。
口を大きく開けて傷病者の口を覆い、空気が漏れないようにして、息を1秒かけて吹き込み傷病者の胸が持ち上がるのを確認します。
いったん口を離し、同じ要領でもう一度息を吹き込みます。
 
ポイント
●1回目の吹き込みで胸が上がらなかった場合は、もう一度気道確保をやり直し息を吹き込む。うまく胸が上がらなくても吹き込みは2回までとし、心臓マッサージに進む。
●人工呼吸に抵抗がある場合や、口の周りに傷がある場合は人工呼吸を省略して心臓マッサージに進む。
 

6. 心臓マッサージ

心臓マッサージ
「強く、速く、絶え間なく」圧迫する
胸の真ん中(乳頭と乳頭を結ぶ線の真ん中)<図1>に片方の手の付け根を置き、他方の手をその上に重ね、両手の指を互いに組みます<図2>。
ひじをまっすぐ伸して手の付け根の部分<図3>に体重をかけ、傷病者の胸が4~5cm沈むくらい強く圧迫します。
1分間に100回の速いテンポで30回連続して圧迫します。
圧迫を緩める時は、胸がしっかり戻るまで十分に圧迫を解除します。
 
図1
圧迫の位置
図2
両手の置き方
図3
両手の組み方と力を加える位置
 

7. 心肺蘇生法の実施(心臓マッサージと人工呼吸の組み合わせを継続)

心肺蘇生法の実施30回の心臓マッサージを行った後に、2回の人工呼吸を行います。
心臓マッサージと人工呼吸の組み合わせ(30:2)を救急隊に引継ぐまで絶え間なく続けます。
 
ポイント
●心臓マッサージの実施は疲れるので協力者が2人以上いる場合は、2分間(5サイクル)程度を目安に交代し、絶え間なく実施する。
●心肺蘇生法を中止するのは、1.傷病者がうめき声を出したり、普段どおりの息をし始めた場合。2.救急隊に心肺蘇生法を引継いだ場合。

心臓マッサージ 悪い例

斜めに圧迫しない
斜めに圧迫しない。
ひじを曲げて圧迫しない
ひじを曲げて圧迫しない。

心臓マッサージ 良い例

垂直に圧迫する
垂直に圧迫する。
 

AEDが手もとに届いたら

  • 心肺蘇生法を行っている途中でAEDが届いたら、すぐに準備を始めます。
  • AEDにはいくつかの種類がありますが、どの機種も同じような手順で使えるように設計されています。
  • AEDは電源を入れると音声メッセージで、あなたが実施すべきことを指示してくれます。
 

AEDの具体的な使用手順

1. AEDの準備

AEDの準備AEDを傷病者の横に置きます。
AEDのフタを開け、電源ボタンを押します(フタを開けると自動的に電源が入る機種もあります)。
以降は音声メッセージに従って操作します。
 

2. 電極パッドを貼付ける

電極パッドを貼付ける
電極パッド
傷病者の衣服を取除き、胸をはだけます。
電極パッドの袋を開封し、粘着面を傷病者の胸部にしっかりと貼付けます。(貼付ける位置は電極パッドに表示されています。)
機種によっては電極パッドのケーブルをAED本体の差込口に入れるものがあります。
 
電極パッドを貼付ける
電極パッドを貼る位置
ポイント
●電極パッドを貼付ける際にも、できるだけ心臓マッサージを続ける。
●電極パッドと肌の間に隙間を作らないように貼付ける。
●アクセサリーなどの上から貼らないように注意する。
 

3. 心電図の解析

心電図の解析電極パッドを貼付けると「体に触れないでください」などの音声メッセージが流れ、自動的に心電図の解析が始まります。
機種によっては、音声メッセージに従って解析ボタンを押すことが必要なものもあります。
 

4. 電気ショック

電気ショックAEDが電気ショックの必要があると判断すると「ショックが必要です」などの音声メッセージが流れ、自動的に充電が始まります。充電には数秒かかります。
充電が完了すると「ショックボタンを押してください」などの音声メッセージが流れ、ショックボタンが点灯し、充電完了の連続音が出ます。
充電が完了したら「電気ショックをします。傷病者から離れて!」と注意を促し、誰も傷病者に触れていないことを確認し、ショックボタンを押します。
 
ポイント
●ショックボタンを押す際は、誰も傷病者に触れていないことを確認する。
●電気ショックを加えると、傷病者の全身がビクッと動きます。
 

5. 心肺蘇生法を再開

心肺蘇生法を再開電気ショックが完了すると「ただちに心臓マッサージを開始してください」などの音声メッセージが流れるので、ただちに心臓マッサージを再開し心臓マッサージ30回と人工呼吸2回の組合わせを続けます。
 
ポイント
●心電図の解析や電気ショック時など、やむを得ない場合を除いて心臓マッサージと人工呼吸はできるだけ絶え間なく続ける。
 

6. AEDの手順と心肺蘇生法の繰返し

AEDの手順と心肺蘇生法の繰返し心肺蘇生法を開始して2分経ったら、再びAEDは自動的に心電図の解析を行います。音声メッセージに従って傷病者から手を離します。
以降は、3.心電図の解析、4.電気ショック、5.心肺蘇生法の再開の手順を約2分間おきに繰返します。
 
AEDの手順と心肺蘇生法の繰返し■AED使用時の注意点
傷病者の胸が濡れている場合
~タオル等で水分を拭き取ってから電極パッドを貼る。
 
AEDの手順と心肺蘇生法の繰返し心臓ペースメーカーや埋込み型の除細動器がある場合
~胸の皮膚が盛り上がっており、下に固いものが触れるのでわかります。
電極パッドを貼る位置に出っ張りがある時は、そこから3cm程度離したところに電極パッドを貼る。
 
胸に貼り薬が貼ってある場合 ~貼り薬には、ニトログリセリン製剤や喘息薬などがあります。
貼り薬をはがし薬剤を拭き取ってから電極パッドを貼る。
 
胸毛が濃い場合 ~電極パッドが肌に密着しないため「きちんと貼ってください」などのエラーメッセージが流れます。
 このような時は、電極パッドを強く押付けて密着させるか、貼った電極パッドを素早くはがして貼付ける部分の体毛を除去し、予備の電極パッドを貼る。
 
電気ショックの適応がない場合 ~心電図解析後「ショックは不要です。心臓マッサージを開始してください」などの音声メッセージが流れたら、心臓のリズムは除細動では治せないものです。
 この場合は、音声メッセージに従って心肺蘇生法を実施する。
 
AEDの対象者 ~成人(8歳以上)及び小児(約1歳以上8歳未満)にAEDを使用することが出来ます。
 小児に使用する場合でAEDに小児用のパッドが備わっている時は、そのパッドを使用します。
 小児用のパッドが備わっていない時は、成人用のパッドを代用します。
乳児(約1歳未満)には、AEDは使用できません。
 
AEDのメッセージとこの心肺蘇生法の手順が異なる場合 ~これまで普及してきたAEDは、心電図を解析して最大3回の電気ショックを行う(その後心臓マッサージと人工呼吸に移る)手順のものです。
 今後は新しい機種(電気ショック1回後、直ちに心臓マッサージと人工呼吸に移る)が普及していくと思われますが、これまでの機種に出会った場合には、そのAEDの音声メッセージに従って電気ショックを実施してください。
 たいせつなことは、音声メッセージに従って「電気ショック」を実施することです。

問い合わせ先

消防本部
電話:0125-42-3255