不妊治療費助成事業

 不妊治療を受けているご夫婦の経済的負担を軽減することを目的に、その費用の一部を助成します。

【一般不妊治療費助成事業】

対象となる治療

・保険適用の不妊治療・検査(タイミング法、ホルモン療法、その他の検査及び治療)
・人工授精

対象者

・治療開始日に婚姻している夫婦であること
・申請日において夫婦のいずれかが歌志内市に住所を有し、助成金の交付申請をする日まで引き
 続き1年以上居住していること
・治療開始日の妻の年齢が43歳未満であること
・申請日の前年の夫婦の所得の合計額が730万円未満であること
・医療保険に加入していること
・市税を滞納していないこと

助成額

4月1日~3月31日までの1年間の治療費の自己負担額に対して20万円を上限とします。

助成回数

治療開始日の妻の年齢が満43歳に達するまで最大通算6回とします。

申請方法

原則、治療を受けた年度内に保健福祉課保健予防グループに申請してください。

特定治療費助成事業 

対象となる治療等

・体外受精及び顕微授精(以下「特定不妊治療」という)
・特定不妊治療の一環として行われる男性不妊手術
・特定不妊治療に係る交通費

対象者

・北海道特定不妊治療費助成事業の助成決定を受けていること
・法律上の婚姻している夫婦であること
・申請日において夫婦のいずれかが歌志内市に住所を有し、助成金の交付申請をする日まで引
 き続き1年以上居住していること
・治療開始日の妻の年齢が43歳未満であること
・申請日の前年の夫婦の所得の合計額が730万円未満であること
・医療保険に加入していること
・市税を滞納していないこと

助成額

・特定不妊治療に要した医療費の自己負担額から北海道特定不妊治療費助成事業の助成額を除
 いた額とし、採卵を伴う治療は1回の治療につき15万円(初回30万円)、採卵を伴わない治
 療や治療を中止した場合は、1回につき7万5千円を上限とします。
・特定不妊治療の一環として行われる男性不妊手術を行った場合は、医療費の自己負担額から
 北海道特定不妊治療費助成事業の助成額を除いた額とし、1回につき15万円を上限とします。
・特定不妊治療に係る交通費として1回の通院につき3,500円を6回まで助成します。

助成回数

・治療開始日の妻の年齢が満40歳未満の場合は、通算6回
・治療開始日の妻の年齢が40歳~43歳未満の場合は、通算3回

申請方法

原則、治療を受けた年度内に保健福祉課保健予防グループに申請してください。

<申請窓口>
保健福祉課保健予防グループ
電話 0125-42-3213

問い合わせ先

保健福祉課保健予防グループ
電話:0125-42-3213