「市制施行60周年記念観光フォトコンテスト・うたしない2018」入選者決定

 「市制施行60周年記念観光フォトコンテスト・うたしない2018」にすばらしい作品の応募が多数ありました。北海道写真協会写真道展審査会員 上田 正洋氏(歌志内市出身)による審査の結果、12作品が入選として選考されました。
 なお、入賞作品については観光カレンダーに利用するなど市のPR活動に活用いたします。
 

 

入賞者一覧(※作品名をクリックするとカレンダー付写真にジャンプ)


部門 氏名 作品名 掲載月
一般部門 西  良郎さん 「朱に染まる雲海」 1月
一般部門 関根 一博さん 「仲良くなったよー」 2月
一般部門 金井 塚昭夫さん 「ホルン君とポプラ」 3月
ジュニア部門 米川 理依子さん 「上から見てみたよ」 4月
一般部門 松田  聡さん 「さぁ!次のステージへ!」 5月
一般部門 能登 喬也さん 「アーチ橋」 6月
ジュニア部門 沢田  仁さん 「みんなでお絵かき」 7月
ジュニア部門 牛島 歩夢さん 「おはな」 8月
一般部門 諸越 幸恵さん 「かもい岳秋の顔」 9月
一般部門 横山 瑛美さん 「雪の街」 10月
一般部門 岡山 沙斗留さん 「雲海はちみつ」 11月
一般部門 佐渡 優翠さん 「インスペクション」 12月
 

上田正洋審査員選評

 ○一般部門
 ・「朱に染まる雲海」 西 良郎 さん
   朱色に染まる雲海が街全体を包み込む絶妙なタイミングで捉えています。太陽の位置と色     
  彩など、撮影者自身も感動しながらの撮影だったと思います。
 ・「雪の街」 横山 瑛美さん
   雲海のなかに、雪の街並を取り入れるという難しいテーマに挑戦しましたね。雪化粧の街
  並みを街路灯の灯りが引き立てています。哀愁が漂う印象的な作品です。
 ・「雲海はちみつ」 岡山 沙斗留さん
   アイディア勝負とはこの作品ですね。発想が大胆で素晴らしい。雲海をバックに特産品の 
  蜂蜜を中央に配置している。発想が大胆で宣伝効果抜群です。

 ○ジュニア部門
 ・「上から見てみたよ」 米川 理依子さん
   三本の斜光線と女児の背景からの柔らかな光を巧みに捉えている。子ども達の動きから楽
  しさが感じられます。九歳の児童の作品とは思えない見事な一枚です。
                   
                      審査員 北海道写真協会審査会員 上田 正洋

 

問い合わせ先

産業課ふるさと振興グループ
電話:0125-42-3215