特定不妊治療費助成事業

対象者

 北海道が実施している、特定不妊治療費助成事業による助成決定を受けていて、次のすべてに 
 該当する方
 ・法律上の夫婦であること
 ・治療開始時の妻の年齢が43歳未満である方
 ・夫婦いずれかが申請日において1年以上歌志内市に住民票がある方
 ・夫婦の前年の所得の合計額が730万円未満の方
 ・医療保険に加入している方
 ・市税を滞納していない方

対象となる治療

 ・特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)
 ・男性不妊治療(精子採取のための手術療法) 

助成額

 <医療費の助成>
 ・治療に要した医療費の自己負担額から北海道特定不妊治療費助成事業による助成金を控除し 
  た額で、採卵を伴う治療は1回につき15万円(初回に限り30万円)を上限とします。ただ 
  し、採卵を伴わない治療や治療を中止した場合は、1回につき7万5千円を上限とします。

 ・男性不妊治療(精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術)を行った場合は、上記の
  ほか、治療に要した医療費の自己負担額から北海道特定不妊治療費助成事業による助成金を
  控除した額を1回の治療につき15万円を上限に助成します。

 <交通費の助成>
 ・治療に係る交通費として、実際の交通手段にかかわらず、1回の通院につき3,500円(上限
  6回)を助成します。
 

申請方法

 まずは、市役所保健福祉課保健介護グループにお問合せ・ご相談ください(42-3213)

必要書類

 ・歌志内市特定不妊治療費助成金交付申請書(市役所にあります)
 ・北海道特定不妊治療費助成事業申請書(写)※1
 ・北海道特定不妊治療費助成事業の特定不妊治療費助成事業受診等証明書(写)※1
 ・北海道特定不妊治療費助成事業の助成決定通知書(指令文)(写)※1
 ・住民票(写)※1
 ・戸籍謄本(写)※1
 ・夫婦の前年の所得を証明する書類(写)※1
 ・特定不妊治療費の領収書(写)※1
 ・夫婦のうち治療を行った者の医療保険加入証(写)

 ※1 保健所で申請した際に、用紙の写しを市に送付する事について同意した場合は必要あり
    ません。

申請は、1回の治療終了ごとに随時していただく事ができます。ただし、申請期限は1回の助成期間が終了した日の属する年度の3月末日(土日祝日を除く)までです。特別な事情により年度内に申請できない方は事前にご連絡ください。

問い合わせ先

保健福祉課・保健介護グループ
電話:0125-42-3213