四季の歌志内

2016年12月21日

冬至

 二十四節気のひとつ、冬至 (とうじ:平成28年12月21日)とは、一年中で最も夜の長い日のことで、この日より日が伸び始めることから、古くはこの日を年の始点と考えられました。冬至南瓜や柚湯の慣習が残る日でもあります。
この日の歌志内は、どんよりしていますが少し暖かめの気温です。しかし、これから寒波が来るみたいなので油断大敵です。
 写真は、夜の「道の駅」と「チロルの湯」です。ちょっと雰囲気があっていい感じです。寒い日にはチロルの湯で温まりたいですね。

※二十四節気(季節の変化を二十四に分け、季節の節目を示す言葉として使われています。)

一覧へ戻る