四季の歌志内

2017年2月18日

雨水

 二十四節気のひとつ、雨水 (うすい:平成29年2月18日)とは、空から降るものが雪から雨に替わり、深く積もった雪も融け始める頃のことです。
 この日の歌志内は、昨日までの暖かい気候が一変。雪が降る寒い日となりました。北海道の春はもう少し先のようです。 
 写真は、文珠地区の公営住宅です。6棟の住宅が建ち並び、オレンジの温かい色合いが、砂川方面から来た人を出迎えてくれます。

※二十四節気(季節の変化を二十四に分け、季節の節目を示す言葉として使われています。)

一覧へ戻る