四季の歌志内

2017年3月20日

春分

 二十四節気のひとつ、春分 (しゅんぶん:平成29年3月20日)とは、この日をはさんで前後7日間が彼岸で、昼夜の長さがほぼ同じ頃であり、この後は昼の時間がしだいに長くなる頃のことです。
 この日の歌志内は、日の出の時間が午前5時34分とのことです。これから段々と夜明けが早くなり、何だか気分まで明るくなります。
 写真は、歌志内のシンボル「かもい岳スキー場」です。スキーシーズンはまもなく終わりますが、明るい日差しの中、たくさんの人がスキーを楽しんでいました。

一覧へ戻る