四季の歌志内

2005年4月5日

春の訪れを告げる『ふきのとう』

 本州では桜が開花する季節を迎えましたが、歌志内はまだたくさんの残雪に囲まれています。それでも、雪解けが進む日当たりのよいところではふきのとうが芽を出し始め、無彩色のまちなみに淡い緑色を添え、春の訪れを告げているようです。

一覧へ戻る