四季の歌志内

2005年4月26日

ワイン用ブドウ畑の融雪作業

 写真は、旧上歌呂久志(ろくし)地区にあるワイン用ぶどう畑です。あまりに多い残雪のため、融雪剤をまいて雪解けを促し、本年最初の作業となるぶどうの樹の枝上げを開始しました。5月も間近となりましたが、4月の気温が平年を下回ったため、周囲の山肌はまだ多くの残雪に囲まれてており、本格的な春の訪れにはもう一歩といった状況です。

一覧へ戻る