四季の歌志内

2006年12月4日

屋根の雪下ろし作業(歌神地区)

 いよいよ冬本番を迎えた歌志内。11月12日の初雪以降、ほとんど雪が降らない毎日が続いていましたが、これまでの遅れを取り戻すかのように冬将軍が一気に到来。3日間ほどで60センチメートルを超える降雪がありました。
 写真は、かもい岳スキー場を目の前にあおぐ歌神1区の改良住宅を撮影したもので、降り続く雪の中、住民の皆さんが住宅前の除雪や屋根の雪下ろしに精を出していました。オープンの遅れを心配していたスキー場も、この降雪で第1ゲレンデでの滑走が可能となり、早くも多くの人が3日の仮オープンで初滑りを楽しみました。

一覧へ戻る