四季の歌志内

2008年3月10日

鹿の群れ(チロルの湯裏)

 3月に入って暖かい日が続いたことで、だいぶ雪解けが進んできました。
 「チロルの湯」駐車場の裏山では、群れをなしたエゾシカが食べ物を求めて山から下りて来る姿が多く見られるようになりました。
 生息数の増加に伴う食害が社会問題になるなど、マイナスイメージの多いエゾシカですが、ときおり頭を上げこちらの様子をうかがう顔はとてもかわいらしいものです。

一覧へ戻る