ここから本文です。

春のヒグマ注意特別期間について

令和6年4月1日(月曜日)から5月31日(金曜日)まで春のヒグマ注意特別期間

 山菜採りが盛んな季節になりますが、ヒグマによる人身事故は、山菜採りの際に多く発生しています。
 また、春先は森林内で親子グマの出没が多発します。子グマは好奇心が旺盛で、警戒心が薄く、人里付近に出没しやすいことも予想されます。子グマの近くには母グマがいますのでご注意ください。
 道内では既にヒグマの目撃情報が寄せられています。  

クマに遭わないために

  • クマの居そうな場所には行かない。
  • クマの足跡やフンを見つけたら、すぐ引き返す。
  • 薄暗い早朝や夕方、濃霧、降雨時の入林は避けること。
  • 単独での入林は避ける。
  • 鈴などを鳴らし、人の存在をクマに知らせる。
  • 残飯、空き缶などのゴミは、クマを引き寄せるので必ず持ち帰る。
 

注意喚起ポスター


 令和6年 春のヒグマ注意期間_ポスター(日本語表記) (PDF: 924KB)

 令和6年 春のヒグマ注意期間_ポスター(英語表記) (PDF: 1.33MB)

お問い合わせ

産業課ふるさと振興グループ

電話:0125-42-3215

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る