ここから本文です。

1歳未満の乳児にはちみつを与えないでください

 平成29年2月、東京都足立区において、乳児に対し離乳食としてジュースに「はちみつ」を混ぜて与えたことによる乳児ボツリヌス症による死亡事例がありました。
 乳児ボツリヌス症予防のために、1歳未満の乳児にはちみつを与えるのは避けてください。

赤ちゃんのお母さん・お父さんやお世話をする方へ

  1. 1 歳未満の赤ちゃんがはちみつを食べることによって乳児ボツリヌス症にかかることがあります。
  2. はちみつは、1歳未満の赤ちゃんにリスクが高い食品です。
  3. ボツリヌス菌は熱に強いので、通常の加熱や調理では死にません。1歳未満の赤ちゃんにはちみつや、はちみつ入りの飲料・お菓子などの食品は与えないようにしましょう。

お問い合わせ

保健福祉課・保健介護グループ

電話:0125-42-3213

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る